MENU

さすらいネキ(おでんちゃん)とは誰?元ネタや名前に高校も特定!

最近SNSで話題沸騰中の「さすらいネキ(おでんちゃん)」について深堀りしてみたいと思います。

彼女はTikTokで一躍有名になった高校生で、そのユニークなダンススタイルが大きな注目を集めています。

でも、彼女についてはまだ謎が多いんですよね。

そこで今回は、さすらいネキ(おでんちゃん)の元ネタや名前、通っている高校について調査してみました!

興味深い発見がいくつかあるので、ぜひ最後までお付き合いください。

(スポンサーリンク)

目次

さすらいネキ(おでんちゃん)とは誰?

おでんちゃんという名前で活動する女子高生が「さすらいネキ」として知られています!

彼女はInstagramアカウントを運用しており、そこで彼女のさすらいダンスの動画を公開しています。

@isin_odensin

ぼちも彼氏欲しいい@michan #さすらい

♬ Sasurai – Tamio Okuda


彼女のフォロワー数はなんと約88万人に達しています!

これは一般的な女子高生には考えられないほどの数字です。

彼女のアカウントは比較的新しく、最初の投稿は8月に行われました。

動画の数もまだ少ないため、今後が期待されます。

それにもかかわらず、少ない投稿数と短い活動期間でこれほどまでに知名度を得たのは驚異的です!

彼女は間違いなくインフルエンサーとしての類稀な才能を持っていると言えます!

さすらいネキ(おでんちゃん)の元ネタは?

「さすらいダンス」の元祖は中国の雲南省に住む少数民族ダイ族の伝統舞踊に由来しています。

このダンスの元ネタは、中国版TikTok「抖音(Douyin)」で踊っている中国人のおじさんの動画で、その動画にTikTokerのサンシャイン@aaag_5さんが奥田民生さんの「さすらい」という曲を合わせたものです。

中国人おじさんの元の動画は別の曲で、ダイ族の伝統民謡に合わせて踊っていました。


ダイ族の伝統的な舞踊は、女性的な優雅さと柔軟性を持ち、螺旋状の手足の動きや曲線的なポーズが魅力的な特徴として知られています。

2023年の3月ごろ、「#春天傣族舞挑战」(春のダイ族ダンスチャレンジ)というハッシュタグを伴い、抖音(TikTokの中国版)上でこのダンスのチャレンジ動画が流行しました。

また、中国の人気インフルエンサーである「中国おじさん」は、抖音の「吹歌商店」というアカウントで活動している有名人です。

彼は山間部の田舎育ちでダンスを愛しており、アカウントの管理が他人によって行われている可能性があることが示唆されています。

さすらいネキ(おでんちゃん)の名前は?

おでんちゃん、別名さすらいニキさんの動画に「さすらいあみか」という言葉が検索窓に表示されていることから、

彼女の本名が「あみか」ではないかという憶測が広がっています。


その真実はまだ明らかになっていません。

おでんちゃん、またの名をさすらいニキさんについての謎は、さらに深まるばかりです。

さすらいネキ(おでんちゃん)の高校はどこ?

さすらいネキ・おでんちゃんが通っていると思われる高校は、神奈川県にある横浜立野高等学校ではと推測されます。

TikTokで見かけた彼女の投稿には、「#立野」や「#立野JK」というタグが添えられていました。

※現在は投稿が削除されています!

おそらく、おでんちゃんのファンが高校に押し掛けたのかもしれません。


この事からさすらいネキ・おでんちゃんが通っていると思われる高校は、横浜立野高等学校である可能性が高いと言えるでしょう!


こちらのtiktokerもおすすめです↓

さすらいネキ(おでんちゃん)とは誰?元ネタや名前に高校のまとめ

おでんちゃん(別名:さすらいネキ)は、TikTokで奥田民生の「さすらい」に合わせてダンスを披露する2008年生まれの高校生でした。

彼女は神奈川県の高校に通っており、Instagramでは約88万人のフォロワーを持つなど、短期間で高い知名度を獲得しています。

「さすらいダンス」は、中国雲南省のダイ族の伝統舞踊にインスピレーションを得たもので、TikTokで大流行しました。

また「さすらいあみか」という言葉から、本名が「あみか」である可能性が推測されています。

さらに、彼女が通っていると思われる高校は横浜立野高等学校であると考えられています。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次