MENU

ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?寂しがり屋でうつ病になりやすい?

ウォンバットの愛らしい姿と人懐っこい性格は、多くの人々を魅了してやまない特徴です。

しかし、その背後には寂しがり屋な性質や、うつ病になりやすいという意外な側面も隠されています。

この記事では、ウォンバットがなぜこれほどまでに人に懐くのか、そしてその繊細な心理状態について探求していきます。

ウォンバットの魅力的な行動の理由を深堀りし、彼らが抱える精神的な課題にも注目して行きます!

(スポンサーリンク)

目次

ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?

では、ウォンバットがなぜこんなにも人懐っこいのか?

その背景には3つの主要な理由があります。

  • 本質的に用心深さが少ない
  • 一人でいることを好まず寂しがり屋・時にはうつ病に
  • 人間に対して愛情深く、懐く性質


これらの特徴について詳しく解説していきましょう。

本質的に用心深さが少ない

ウォンバットは本質的に用心深くない動物として知られています。

動物園で訪れた人々に積極的に接近することがしばしばあります。

彼らが自発的に人に近づく様子は、非常に魅力的です。

ウォンバットが生息するオセアニア地方は、天敵が比較的少ないエリアに位置しています。

このことが、彼らが元々持つ低い警戒心に影響しているのかもしれません。

また、飼育下のウォンバットが飼育員の周りを離れない様子は、見ていて心温まるものがあります。

野生のウォンバットも人間に慣れ親しんでいる様子がうかがえます。

一人でいることを好まず寂しがり屋・時にはうつ病に

ウォンバットは非常に人恋しい性質を持つ生き物です。

人間の注意や愛情が得られないと、落ち込んでしまうことがあるようです。

人からの関心がないと、健康を害する場合もあると言われています。

以下のような投稿が目につきました。


人恋しさからくる落ち込みは、彼らの健気さや愛らしさを一層引き立てます。

しかし、この寂しさが深刻化し、うつ病に至る事例もあるそうです。

寂しさからうつ病に陥るとは、ウォンバットがいかに繊細な存在かを物語っています。

愛くるしくも、その繊細さから、世話をする際には注意が必要です。

人間に対して甘えん坊で懐く性質

ウォンバットは非常に人懐っこく、甘えたがりの特性を持っています!

どうやら、人間に抱きしめられることを非常に強く望んでいるようです。

動物園においては、飼育員に抱きしめられるための行列ができることさえあると聞きます。

幼い頃だけでなく、成長してもその甘えたがりな性質は変わらないらしいです。

ウォンバットが甘える行動によって寿命が延びる可能性がある?

驚くべきことに、ウォンバットが甘え好きなのは単なる性格の問題ではないようです!

実際に、人間との親密な関係を築くことが、彼らの寿命を延ばす効果があるとも考えられています。

植物が話しかけられることでより良く成長するという研究があるように、 ウォンバットの長寿も、愛情の表現としての甘えに関連しているのかもしれません。

ウォンバットの平均寿命は、野生では約5年

しかし、飼育下では20年程度とされ、 中には30年以上生存する例も報告されています。


この顕著な差は、愛情豊かな環境の重要性を示唆しています。

甘える行動が寿命を大幅に延ばすというのは本当に驚きです。

人間の愛情を受けることで得られる幸福感が、彼らの長生きにつながるのかもしれません。

ウォンバットにとって甘えることの価値がいかに大きいかが理解できます。

ウォンバットに合える場所は?

日本国内でウォンバットと出会える場所を調査してみました。

日本国内でウォンバットに出会えるのは限られた場所のみ。

実は、日本でウォンバットに会えるのは、限られた場所だけです。

その場所は↓

  • 長野県の茶臼山動物園
  • 大阪府池田市の五月山動物園


上記2箇所のみがウォンバットを飼育しています。

コアラのように多くの動物園で見ることができるわけではないため、ウォンバットを目的に訪れる人もいます。

その愛らしい姿を直接見たいと思う人は多いでしょう。

ウォンバットが人懐っこいの理由と寂しがり屋やうつ病についてのまとめ

今回は、ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?寂しがり屋でうつ病になりやすい理由についてご紹介しました。

記事をまとめると↓

ウォンバットは用心深さが少なく孤独を嫌い、愛情を求める性質があり、その結果寿命が延びる可能性があるという事が分かりました。

観察できる施設は、長野県の茶臼山動物園・大阪府池田市の五月山動物園の2箇所のみです。

親しみやすく魅力的な一方で、孤独に敏感な性格を持つことも明らかになりました。

ストレスに敏感で、場合によってはうつ状態に陥ることもあるようですが、適切な愛情とケアを提供すれば大きな問題にはならないでしょう。

日本での飼育が不可能であることは遺憾ですが、訪れて観察することは可能です。

観察できる場所は数に限りがありますが、興味を持った方は是非直接訪れてみることをお勧めします。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次