MENU

ラムーの弁当は買ってはいけない?幸福の科学や宗教との関係も気になる!

最近、ラムーの弁当が驚くほど安価であることが話題となっています。

しかし、その背後には「買ってはいけない」という噂や、宗教団体「幸福の科学」との関連性についての憶測が飛び交っています。

この記事では、ラムーの弁当がなぜそんなに安いのか、そして実際に「幸福の科学」や他の宗教との関係があるのかどうかについて、深掘りしていきたいと思います。

果たして、ラムーの弁当を手に取るべきか、それとも避けるべきか、気になる真実に迫ります。

(スポンサーリンク)

目次

ラムーの弁当は買ってはいけない?

結論から言うと、ラムーの弁当は価格が非常に手頃であるものの、安全性に問題はなく、節約のために購入しても問題ありません。


ラムーの特徴の一つは、間違いなく「弁当のコストパフォーマンスの高さ」にあります。

198円や298円の弁当は信じられないほどの低価格!驚くほどお得です。

本気で考えると、損失を出しているのではないかと思います。

ただ、これほどまでに低価格だと、食品の安全性や品質について心配や不安を感じることもあります。

他の市販弁当と比較しても格安ですが、ラムーの弁当がスーパーやコンビニのものより品質が劣るわけではありません。

ではなぜ、『買ってはいけない』というワードが浮上しているのでしょうか?

添加物の使用が心配

ラムーの弁当が自然派や無添加を謳っているわけではなく、添加物が使用されていることは事実です。

しかし、添加物が必ずしも危険というわけではありません。

添加物の使用量には基準があります 。

厚生労働省によって定められた食品添加物の使用基準があり、その基準を守っていれば人の健康に害を及ぼさないことが確認されています。

スーパーやコンビニの弁当にも食品添加物は使用されており、ラムーの弁当が特別に危険であるわけではありません。

低価格の理由が不明である

ラムーの弁当を購入すべきでない」という意見は、なぜそんなに安いのかその理由が不透明で、その低価格に対する不安から生じています。

300円以下の弁当が非常に安価であることは確かです。


もしもおかずが1~2品だけで見た目にも貧弱であれば納得がいくかもしれませんが、ラムーの弁当はそうではありません。

ラムーの弁当がなぜこれほどまでに安価なのか、その他の商品も含めて低価格である理由を解説します。

ラムーの弁当やその他の食品が激安な理由は?

ラムーが弁当をはじめとする商品を驚くほど低価格で提供できる背景には、しっかりとした理由が存在します。

ラムーでは、以下のような様々な面でコスト削減に励んでおり、その結果として低価格を実現しています。

  • 原料の大量購入による単価の削減
  • ディスプレイを簡素化し、運営コストを抑える
  • 余計な作業を省き、効率化を図る
  • 自社ブランド製品を自社工場で製造し、コストを削減
  • 支払いオプションを限定し、関連費用を削減

原料コストの削減

ラムーは取り扱う商品の種類を厳選し、選ばれた商品を大量に購入することで、原料の単価を大幅に下げています。

厳選された食材を使用することで、弁当や惣菜に使われる材料の種類を最小限に抑え、同じ食材を複数の商品に活用することで、材料の無駄遣いを防ぎつつコストを抑えています。

大量購入によるコスト削減は、ラムーの商品が低価格である理由の一つです。

簡素な陳列で人件費削減

ラムーでは、他の多くのスーパーと異なり、商品を段ボールに積んだまま展示する簡素な陳列方法を採用しています。


商品を一つずつ棚に並べる代わりに、段ボールをそのまま使用することで、作業の手間を省き人件費を削減しています。

効率化によるコストカット

ラムー独自のプライベートブランド商品は、コスト削減のために独特な工夫がされています。

例えば、バーコードの大きさを変えたり、ヨーグルトの蓋を省略するなど、驚くような特徴があります。


これらの工夫は、効率化を図りコストを下げるためのものです。

自社製造によるコスト削減

ラムーには自社工場があり、自社ブランド「ディープライス」の商品を多数製造しています。


これにより、外部委託によるコストを削減し、商品の低価格を実現しています。

支払い方法の限定

ラムーでは、支払いを現金のみに限定しています。

クレジットカードなどの決済手段は受け付けておらず、これにより手数料や設備投資のコストを削減し、商品価格に反映させています。

限定された支払い方法は、商品の低価格を支える要因の一つとなっています。

ラムーと幸福の科学や宗教との関係は?

ラ・ムーの背後にある企業は、大黒天物産株式会社です。

この企業について、宗教団体「幸福の科学」が関与しているという噂があるため、ラ・ムーも同団体が管理しているとの誤解が生じているようです。

調査した結果、大黒天物産が「幸福の科学」によって運営されているわけではないことが明らかになりました。

その結果、ラムーが「幸福の科学」によって運営されているわけではないことも確認されました。


では、なぜ大黒天物産が「幸福の科学」に関連しているという噂が立ったのでしょうか?

その理由は、大黒天物産の代表取締役である大賀昭司氏が「幸福の科学」の信者であることが関係しているようです。

「幸福の科学」の詳細は不明ですが、その公式サイトに「HAPPY SCIENCE」と記載されており、「幸せを科学する」という意味合いがあるようです。

ラムーの弁当は買ってはいけない?幸福の科学や宗教との関係 まとめ

今回は、ラムーの弁当は買ってはいけない?幸福の科学や宗教との関係を調査しました。

ラムーの弁当はその低価格で注目されていますが、「買ってはいけない」との噂や幸福の科学との関連性が話題になっています。

その安さはコスト削減の努力によるもので、添加物も厚生労働省の基準を守っています。

ラムーの運営会社である大黒天物産には幸福の科学との直接的な関係はないものの、代表取締役が信者であることが噂の一因かもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次